遠近 - をちこち

をちこち 【遠近・ 彼方此方】

①あちらこちら。

②未来と現在。または過去と現在。
③「-のひと」で旅人の意。

江尻浩二郎

1970年福島県小名浜生まれ。東京大学法学部第3類政治コース卒。遠近(をちこち)代表。igoku編集部員。打ち聞き家、地域文化活動家、劇作家、演出家、リサーチャー。日本の全都道府県全市町村および定期航路のあるほぼ全有人離島を踏破。中央アジアキルギスにて戒厳令下の文化事業を企画運営。震災後は地元のコミュニティFMで中山間地域を担当し2015年退職。現在東日本国際大学非常勤講師。『人魚まる裸みだ髪』で第7回もりげき戯曲賞受賞(審査委員長/別役実)。『 リミッターカット』で日本演出者協会若手演出家コンクール優秀賞。 いわきの地域包括ケア「igoku」でグッドデザイン賞2019金賞。 海と日本プロジェクト「磐城国海の風土記」連載(完結)。カオス*ラウンジ市街劇3部作リサーチャー、「しらみずアーツキャンプ」リサーチャー。主要な調査テーマは泉藩廃仏毀釈、ヤッチキ踊りの起源と伝播、潮目の風土と民俗。

WORKS

【寄稿】『津浪と村』-なぜ人は原地に戻るのか(ポリタス)

【寄稿】磐城国 海の風土記(海と日本プロジェクト)

【トーク】江尻浩二郎 × 黒瀬陽平 × 小松理虔「被災地の記憶/アートと歴史─『新復興論』第18回大佛次郎論壇賞受賞記念」(genronカフェ)

【インタビュー】いわきは、東北の、日本の、アジアのロビーである。(潮目劇場)

【トーク】都築響一トークショー<東北のおもしろいもの編>オープニング

【インタビュー】リサーチとまち歩き、演劇がもたらすもの(福島藝術計画)

【コラム】数奇な運命、ヤッチキ(igokuウェブ)

【コラム】人は何をつくるのか(igokuウェブ)

【イベント】「ラジオ下神白 あのときあのまちの音楽からいまここへ」の報奏会

【リサーチ】カオス*ラウンジ新芸術祭2017 市街劇「百五〇年の孤独」

【文章提供】WEBいわき伝説ノート-キツネ事件簿(KOURYOU)

【リサーチ】カオス*ラウンジ新芸術祭2016 市街劇「地獄の門」

【リサーチ】カオス*ラウンジ新芸術祭2015 市街劇「怒りの日」

【トーク】Mirai Bar vol.20 <江尻浩二郎 第2章>

【DJ】フクシノワ<昭和のレコードを聴きながらお茶を飲みつつフクシの話をする会>


【トーク】Mirai Bar vol.17 <江尻浩二郎>

【トーク】DULL-COLORED POP 福島三部作・第一部「1961年:夜に昇る太陽」関連企画 演出家トーク

【ツアー】ONAHAMA WALKING TOUR 学歩~富ケ浦篇〜

【ツアー】KAZIRO PHOTO TOUR(神白フォトツアー)

【記事】みみたす(FMいわき広報誌)石住

【記事】みみたす(FMいわき広報誌)遠野

【記事】みみたす(FMいわき広報誌)川前

【記事】みみたす(FMいわき広報誌)小川